読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

008日記

(株)わをん、(株)リフェットを運営。beauty&wellness×internet領域で事業を展開中。事業領域に関するお話から日々のくだらないネタまで。気が向いた時に書くと割り切ったブログです。

仕事がてらにソーキそば行脚

食・食品・うまかもん お遊び・プライベート

いつもどおり更新を疎かにしていたブログですが、ちょっと煮詰まってきたので、リフレッシュ&リハビリも兼ねて書いてみます。

 

先週、沖縄産の野菜・ハーブを使った新商品をリリースしたわけですが、その絡みでここ数年は2,3カ月に1回のペースで沖縄に行っていたので、今回はちょっと(というかかなり)方向性を変えて、沖縄のそば(すば)処をピックアップしてみました。

ガイドブックに広告載せてるような人気店なんかも含まれますが、ここ10年くらいでかなりの数は行ってるはずですので、まあそんなに外れもないかと。

完全に私見ですので、そこのところはご理解のほど。。

 

1.天妃そば(那覇・旭橋)

f:id:tk008:20160329184105j:plain

天妃そば (てんぴそば) - 旭橋/沖縄そば [食べログ]

那覇では旭橋近隣に泊まることが多く、とりあえず着いた日に訪問することが多いそば屋。
ストレート麺とあっさりスープで安定の味。
個人的にはよもぎ(無料)をがっつり入れて、紅ショウガ、コーレーグスをちょっと入れて食すのがお気に入りです。

 

2. 御殿山(うどぅんやま:首里

f:id:tk008:20160329183942j:plain

御殿山 (うどぅんやま) - 儀保/沖縄そば [食べログ]

ガジュマルの灰汁を練りこんだ麺が特徴的なうどぅんやま。
琉球古来の製法だそうです。

那覇近隣で旅気分を味わいながらソバを食したい方にはおすすめです。
雰囲気が良いので観光客向けかと思いきや、お値段も良心的。

訪沖が初めての方には結構喜ばれます。

まあ、車がないと行くのはちょっと大変ですが。。。

 

3. 番所亭(ばんじゅてい:読谷)

番所亭(読谷村/和食) | ホットペッパーグルメ

58号をぴゃ~っと北上すると読谷の喜名番所の斜向かいにある番所亭。

あまり読谷に用事があることはないのですが、恩納村に向かう際に立ち寄るそば屋。

意識しているわけではないですが、那覇泡盛をしこたま飲んだ翌日に訪問することが多く、疲れた胃袋に臭みのないスープが優しくしみわたります。
(そのせいか何度も行ってるのに写真がありません)
生しょうがも嬉しいですね。

麺はウコンを練りこんでいて、ちょっと縮れた自家製麺。
お値段はちょっと高めの設定ですが、地元の方も結構来店されている人気店(だと思います)

 

4. 前田食堂(大宜味村

f:id:tk008:20160329190645j:plain

前田食堂 (まえだしょくどう) - 大宜味村/沖縄そば [食べログ]

何と言ってもボリューム抜群の前田食堂。

そば以外もシンプルな味付け(コショウがしっかり!)で素朴な感じが嬉しいお店。今回のネタに関係ないですが、もやしチャンプルーもお勧めです。
ここでは、牛肉そばを注文する方が多いかと思いますが、その場合は他のものは胃袋に納まらないことを注意の上でご注文を。

ちなみに牛肉そばは結構パンチの利いたスープですが、そーきそばは意外とやさしい感じですので、胃がお疲れの方は大人しくソーキそばを選択することを強くお勧めします。 

 

5.けんぱーのすばやー(おもろまち

f:id:tk008:20160329193110j:plain

けんぱーのすばやー - おもろまち/沖縄そば [食べログ]

プレハブ感満載の外観とよく意味がわからない店名。
ですが、食してみると裏切られます。

プレゼンではよい意味で顧客を裏切る提案を心がけているわけですが、見事にそれを体現した(?)良店です。
こちらのけんぱーさんでは、トッピングが色々と選べるわけですが、この子たちが中々のボリューム。
写真は本そーきそばにもずくをトッピングした絵面なんですが、もずくだけで十分な量が出てきます。

それでいて、味はやさしくお気に入り店舗のひとつに加わった次第でございます。

 

6. 宮里そば(名護)

f:id:tk008:20160329193632j:plain

宮里そば (みやざとそば) - 名護市/沖縄そば [食べログ]

地元感あふれる名護の宮里そば。
しっかり効いたカツオだしと昆布が特徴的なそば屋さんです。

ちょっと麺が柔らかめで個人的にはちょっと、、と思うところもありましたが、雰囲気とカツオでカバー。

店内はレトロ感もあり、いかにも食堂!といった感じですが、地元の方も多く、駐車場も広く、立ち寄りやすいお店です。

 

と、まだまだソーキそばネタはあるのですが、リハビリに時間をかけ過ぎるのもよろしくないのでこの辺で。

またリハビリが必要になったら、ソーキそばネタか、沖縄のディープな飲み屋ネタでも展開します。

 

それでは、仕事に戻ります。。

ではでは。