読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

008日記

(株)わをん、(株)リフェットを運営。beauty&wellness×internet領域で事業を展開中。事業領域に関するお話から日々のくだらないネタまで。気が向いた時に書くと割り切ったブログです。

仕事における段取り力を高める一つの方法

下書きのまま、1ヶ月ほど時間が経過してしまいましたが、せっかくなので公開!

先月のお話ですが、社内のメンバーが中心となり、社内、古巣、大学、仕事仲間と色々なメンバーに声掛けをし、期末、移転etc...と、日々の業務が忙しい中、誕生会を開いていただきました。

f:id:tk008:20160718173647j:plain

gemme!オリジナルキャップとケーキ! これだけ見るとちょっと顔が怖いですな。。。>

個人的にはその週はちょっと体調を崩しており、お腹の緩さから、素敵なサプライズにもキレのある反応を示すことができず、みんなの温かさを感じると同時に、体調管理の大切さを身にしみて感じたわけですが、改めて感じたのがこれ↓

 

「やっぱり、こういうのやれる奴って仕事をできるわな」

って、思ったわけです。(仕事に結びつけてすんません!)

「やってもらった、俺→仕事できる」ではありません。
「やれる人、仕切れる人、仕込める人、動ける人→仕事できる」です。
ついでにいうと、
「やりたがる人、仕切りたがる人→仕事できる」ではありません。

 

別にメインで仕切る人が偉いとかそんな話ではなく、こういうイベントって人を集めて、予算設定して、お店を決めて、みんなを巻き込んで、ゲストに楽しんでいただいてという「段取り」が重要なのは言うまでもないですよね。

メインで取りまとめる人がいる一方で、細部を詰めていったり、メインが動きやすいようにサポートしたり、とプロジェクトとまでは言いませんが、普通に仕事をやる上で必要な要素を多分に含んでいると。

リーダーがいて、担当者がいて、全体のスケジュールや予算があって、クライアントがいて、、、

 

たぶん、イベントを仕切れる人や良いフォローをする人って、メンバー、相手、関係者、時間、お金など色んな要素を踏まえた上で、適切に配置したり、分配したり、調整したりしながらゴールを目指すことができているわけで、もちろんビジネス上は他にも色々な要素が絡んできますが、やっぱり「段取り9割」かと。

 

相手を驚かす、楽しませる、喜ばせるといったサプライズはビジネスにも共通するし、プレゼンなんかで相手の「想像を超える提案を!」というのも同じこと。

以前からこの点については、自分の中では定義付けられており、様々な場でメンバーの動きを眺めたりしているしているわけですが、改めて採用やプロジェクトメンバーの選出、トレーニング、特性チェックなど、様々な面で使えるな~と感じた次第でした。

イベントを仕切ることでビジネスでの成長に繋がることもあるだろうし、まあ社内イベントなら少々しくじっても可愛いもんだしね。

 

そんなわけで。
ではでは。

 

f:id:tk008:20160718173811j:plain

<メインで仕切ってくれたお二人。普段もそうだけど、今回も本当に皆に感謝です m(_ _)m>

 

追)みんなには伝わりにくかったかもしれませんが、もうちょっとお腹が元気なら...と、何度も思ったくらいうれしかったです!
いつの間にか不惑を迎えましたが、これからも変わらずよろしくお願いします!
そして、お越しいただいたみなさん、さらにはFB、LINE、メールなど沢山のメッセージ本当にありがとうございました。
こちらも引き続き、お付き合い、ご指導よろしくお願いいたします!

 

f:id:tk008:20160718173521j:plain

不惑記念に顔だししてみた>